お知らせ

お知らせOUTLINE

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を考慮したさやま総合クリニック健診センターの運営について

2021-04-09 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については,3月21日に緊急事態宣言が解除となりましたが,さやま総合クリニック健診センターでは,引き続き,埼玉石心会病院感染対策委員会等とも協調して,さやま総合クリニック総体として,感染拡大防止策に全力を上げ厳格に実施しながら運営しております.よって,受診者におかれましても,引き続き,以下の感染拡大防止策についてご理解・ご協力いただけますよう,よろしくお願いいたします.なお,ご協力いただけない場合には,受診当日でも受診を延期させていただくことがございますので,予めご了承ください.

●受診日の延期をお願いする方
以下の①~④に該当する方は受診をお控えいただき,受診日の延期をお願いします.
① 受診日前2週間内(当日を含む)に,発熱(37.5度以上)・呼吸器症状(咳・息苦しさ等)・強いだるさ(全身倦怠感)・嗅覚(におい)味覚(あじ)の低下といった症状・その他感冒(風邪)の諸症状(のどの痛み・鼻みず・鼻づまり・頭痛・関節痛・筋肉痛・下痢・嘔気・嘔吐等)が出た方
② 原因がわからない下痢が4~5日続いている方
③ 海外渡航者と,その同居者(濃厚接触者)や職場内での接触歴がある方で,渡航者が帰国してから2週間の期間を,受診する方及び渡航された方の両方が無症状で経過していない方
④ 新型コロナウイルス感染症患者との濃厚接触者で,患者からの隔離後2週間を無症状で経過していない方

●必ず不織布のマスク着用をお願いいたします
(不織布以外は不可:ガーゼやウレタンのマスクは不可)
 不織布のマスクを着用されていない方は,引き続き,健診センターそのものへの入館を制限させていただいております.ご自身でマスクをご用意いただき,不織布のマスクを着用しておいでいただきますようお願いいたします.健診センター内でも,検査のためはずす必要があるとき以外は,着用を継続していただくようにお願いいたします.なお,当健診センターでのマスクの準備はございません.なお,ガーゼやウレタン製のマスク等不織布のマスク以外では,受診いただけません.また,フェイスシールドやマウスシールドだけも,受診いただくには不可です,不織布のマスクと併用いただくのはかまいません.

●入館時の手指消毒を実施・体温測定の実施
入館時にアルコールによる手指消毒お願いします(アルコールアレルギーの方は手洗いをご説明します).ご協力のほどお願い申し上げます.また,入館後も,トイレ後や退館直前等こまめに石鹸を使った20秒以上の流水下での手洗いか,アルコールでの手指消毒をお願い申し上げます.さらに,健診開始までには体温測定も実施させていただきます.体温と体調によりましては,当日受診できない場合がございますので,予めご了承ください.

●受診者間で共用されることとなる雑誌・新聞・パンフレット類の撤去
 受診者間で共用されることとなる雑誌・新聞・パンフレット等を撤去しております.ご自身で書籍等お持ちいただけますようお願いいたします.なお,Free-Wifiはご利用いただけます.

●三密(密閉・密集・密接)を避ける対策をしております
 受診者数の制限・健診センター内待合座席数の削減や座席配置の変更・定期的な換気を行っております.ご不便をおかけしますが,ご了承ください.暑い・寒いとお感じの場合などは,お近くのスタッフにお申し出ください.

●呼吸機能検査(スパイログラフィー)の対応
 呼吸機能検査(スパイログラフィー)は,(1)機器メーカーがコロナ禍において実施を保証できないとしていること,(2)外部大学の感染症専門医からの指導,(3)日本呼吸器学会が健診での実施に慎重姿勢であること,(4)他施設の動向等により,当面休止させて頂きます.なお,本来なら呼吸機能検査を予定されていた50歳以上で喫煙歴がある方には,質問紙によるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)のスクリーニングをご用意させていただきます.また,呼吸機能検査を必ず受診しないと補助金がでない方は,当健診センターでは対応させていただけませんので,ご注意ください.
 人間ドック健診ではありませんが,当クリニックにおきましては,外来診療での呼吸機能検査,ピロリ菌の呼気検査,禁煙外来での一酸化炭素濃度検査につきましても,治療診断上特段の必要があり,特別の処置(準備)を行って限定的に実施するもの以外は,代替手段とするか休止しております.

参考:日本呼吸器学会 新型コロナウイルス感染症流行期における呼吸機能検査の実施について(2020.3.27)
https://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/information/20200327_statement.pdf
日本呼吸器学会 COVID-19流行期日常診療における慢性閉塞性肺疾患(COPD)の作業診断と管理手順(2021.1.8)
https://www.jrs.or.jp/modules/covid19/index.php?content_id=12

●上部消化管内視鏡検査の対応
上部消化管内視鏡検査については,内視鏡関係学会等が示す感染予防対策を踏まえ,確実に対策をした上で実施しております.

●当日結果説明の対応とお食事の提供について(人間ドックご受診の方)
 お食事は,お持ち帰りいただく軽食(サンドイッチ)の提供とさせていただいております.また,当日結果説明は,埼玉県狭山市にまん延防止等重点措置以上が適用されている期間には,滞在時間短縮を目的として休止させていただきます.

●急遽の医師等休診による一部の検査診療不能の可能性について
 当センターの検査診療は,大学病院等外部からの医師等によって実施していただいているものがございます.感染拡大により,外部からの医師等が急遽休診になった場合,一部の検査が実施できなくなる場合がございますので,予めご了承ください.

●さやま総合クリニック健診センター内での感染症防止対策についてお知らせします.
 全職員は,当クリニックの受診者や職員に感染を拡大させないように,引き続き予防対策を徹底するように指示されています.
全部署において,医療機器やドアノブ・ロッカー等,特に手や顔の触れる部分を重点的に消毒を実施しております.非常勤職員を含めた職員全員について,手洗い・手指消毒,マスク着用の徹底を実施しております.さらに,発熱等有症状職員の出勤停止措置,海外渡航の自粛,宴会の自粛,休憩時の三密を避ける対策等を院内通達等により徹底しております.

※以上につきましては,今後の新型コロナウイルス感染症の動向,国・地方公共団体の方針等により予告なく変更されることがあります.その場合,適宜,さやま総合クリニック健診センターのホームページ(http://sayama-doc.jp)等でお知らせいたします.

一覧に戻る